いろいろドックフードを試した結果、現在は商品名マースジャパンのプロマネージトイプードル専用に落ち着いています。

パピーの頃は食いつきが良かった我が家のトイプードルですが、歯が生え替わる頃に食べる量が減り、生え替わった後もあまり食べなくなってしまったので、現在は1日に2回、30グラムずつを与えています。

 

“パピーの頃は食いつきが良かった我が家のトイプードルですが、歯が生え替わる頃に食べる量が減り、生え替わった後もあまり食べなくなってしまったので、現在は1日に2回、30グラムずつを与えています。それでも残すことがあり、何日もあまり食べず体重が減ってしまう場合には缶詰を少しトッピングして全部食べてもらうようにしています。
あまりトッピングに頼ってしまうと、ドライフードだけで食べなくなってしまうので、様子を見ながら与えています。”プロマネージに替えて3ヶ月ほど経ちますが、便の状態も良く体調も悪くはありません。

毛並みに関していうと、もともと柔らかいほとんどストレートな毛なので、特に硬くなったりカールが強くなったという変化はありませんが、なんとなく退色はおさまったような気がします。
プロマネージのトイプードル専用は、ラクトフェリンが配合されているのでトイプードルの敏感な皮膚にも配慮されていますし、天然の魚から抽出されたマリンコラーゲンで繊細な被毛の健康もサポートしてくれます。

またフラクトオリゴ糖やビートパルプが配合されているので、腸内環境の健康もサポートしてくれて、便の状態も良好です。
そのほかにも、リノール酸が豊富に含まれているひまわり油とビタミンB群、亜鉛も配合されていますから、毛づやも良くなったような気がします。

またほかのフードは丸い粒タイプのものがほとんどですが、プロマネージのトイプードル専用は8の字型の粒なので噛むことで歯垢や歯石がつきにくいというメリットがあります。
うちのトイプードルは食べる時は飲み込む癖があり、丸くて小さいフードならあまり噛まないことが少なくありませんでした。このプロマネージは粒自体はそれほど大きくはありませんが、横長の8の字になっているので、今までに比べると噛む回数が増えたような気がします。

プロマネージはウォルサム研究所というペット栄養学研究の世界的権威と共同開発された商品で、最先端の科学に基づいて適切な健康維持を考えて作られています。
犬種や年齢にさまざまなシリーズがありますが、どのシリーズにも共通しているのは免疫力維持や腸内環境の健康維持、毛づやの健康、皮膚の健康維持で、どれも特許技術によって犬の健康を考えて作られています。

我が家のトイプードルはもともと巻きが弱く、ほとんどストレートで足の毛を長めにカットしているため、毎日ブラッシングしないと絡まってフェルト状になってしまいますが、プロマネージに替えてからは絡まりづらくなりサラサラになったような気がします。”今までさまざまドックフードを試してきました。インターネットなどでどのドックフードが良いのか調べて、少し値段の高い商品名モグワンやカナガンなども試してきましたが、最初の数回はどれも食べてくれるもののすぐに食べなくなってしまったので、どんなに評判が良い商品名のものも、うちのトイプードルにはあわなかったようです。

モグワンはかなり口コミなどでも評判が良かったということもあり期待をしていましたが、ペットだけではなく私自身もあわないと感じたドックフードでした。
その理由はにおいで、フードを置いているだけではそれほど強いにおいとは思いませんでしたが、ウンチがかなり臭くて真っ黒になり、それと同時に体臭もきつくなってしまいました。
トイプードルは体臭が少ないというのも特徴の犬種ですが、何ともいえない油っぽいにおいになり、最初は成犬になったからにおいが変わったのかと思っていましたが、においが強くなりだした理由がモグワンに替えてからだと気づいてからは与えるのがイヤになってしまいました。

もちろん食いつきがよく健康であれば多少体臭がきつくなっても我慢はできましたが、食べないしウンチや体臭がくさくなってしまったのでモグワンは我が家ではNGです。
今のところプロマネージは何とか食べてくれていますが、もしまた食べなくなったらオリジンやナチュロルなども試してみようかと思っています。

またウェットタイプのButchはきっと食いつきが良さそうだと思うので試してみたいフードの一つです。
ブッチはドライフードに比べると多少面倒なような気はしますが、どの口コミを見ても食いつきがよくなったというものばかりなので、うちの偏食のトイプードルもきっと気に入るような気がします。

それでも残すことがあり、何日もあまり食べず体重が減ってしまう場合には缶詰を少しトッピングして全部食べてもらうようにしています。

“いろいろドックフードを試した結果、現在は商品名マースジャパンのプロマネージトイプードル専用に落ち着いています。
我が家のトイプードルは生後3ヶ月頃にブリーダーさんから迎えた犬で、ブリーダーさんのところではニュートロのナチュラルチョイスが与えられていました。そのためしばらくは同じナチュラルチョイスをあげていましたが、生後半年ほどになった頃にはほとんど食べなくなり、体も大きくならなかったためいろいろなフードを試してみることにしました。

インターネットなどで調べてみるとグレインフリーや無添加、ヒューマングレードなどそれまで聞いたことがない単語が出てきて、ドッグフード選びも大切なんだと知りましたが、ひときわ我が家のトイプードルは好き嫌いが激しいようで、どんなに評判が良いフードでも、最初の数回は食べてもすぐに食べなくなってしまうことが多く、なかなか定番のフードが見つからない状態が数ヶ月続きました。

あまりにも食べない時にはトッピングをしたりしていますが、そのときは食べてくれても結局はドライフードだけに戻すと食べなくなるので同じことの繰り返しでした。
そんなとき、近所のペットショップでプロマネージのトイプードル専用を見つけ、ダメもとで試してみることにしました。

我が家のトイプードルはレッドですが、生後3ヶ月頃から退色が始まり、2歳になった現在はかなり薄くアプリコット色にまで退色してしまいました。もちろん退色は病気ではないので放っておいても問題はありませんが、あまりにも早く色が薄くなっていくため、少しでも退色を遅らせればと思い、被毛の健康もサポートしてくれると謳われているプロマネージを試してみることにしました。

おすすめのドッグフードに詳しいサイトもありますので、色々と見てみるのをおススメします。

トイプードル ドッグフードのおすすめ